オシャレでかわいく、機能性も高いベビー服について

子供とベビーの用品

ベビー服

ベビー服って赤ちゃんがきる服の事ですよね。私のイメージとしては、大人の服のサイズが小さくなったくらいしか思い浮かびませんが、このベビー服にも特徴や独特の機能がついているのでしょうか?見て行きたいと思います。

ベビー服って

ベビー服

ベビー服について調べてみましたがベビー服は、文字通り赤ちゃんが着る服の事でした。しかし大人の服を小さくしただけと言うのは、大きな間違いだったようです。ベビー服は、普段私達が着ている服とサイズ意外で何が違うのかと言えば、生地の手触りなんかに注意して作られているベビー服もあるようです。

赤ちゃんの肌に直接触れるものですからやはり、やわらかい生地なんかを使っているのでしょう。ごわごわしたものだと私達でも嫌な時がありますから、ベビー服もそうならないように手触りが良いように作っているのでしょう、そして糸のほつれ等が無いようにしっかりと作られていたりするようです。

また服に使われている素材なんかでアレルギーが出てしまったりなんてことがあるかも知れないので、天然の素材を使っているベビー服もなかなかいいようです。ベビー服の作りとしては、ボタンの部分がプラスチックの素材でできていたり、Tシャツなんかと違って、脱ぎ着がしやすいようにベビー服の前の部分が大きく開くようになっていたり、襟が邪魔にならないように無くなっていたりと一見すると気がつかないようなところにも、ベビー服ならではの工夫がされているようです。

種類も、意外に沢山あって、その年齢によって選ぶこともできるような感じでした。夏場によさそうな物や冬場によさそうなベビー服、そしてベビー服の素材でも夏、冬など使い分けることができそうです。

そしてベビー服は、肌着もあってこれにも沢山の種類があるようです。やはりほとんど寝ていますから、寝ているときにオムツを交換するのに最適な形や作りになっているのでしょう。色々見てみましたが、そのほとんどが、前が大きく開くタイプで、着物や浴衣を小さくしたような印象もありました。そして縫いつけや縫製自体にも気を使っているようです。またベビー服と同じように素材にも種類が色々あるようで通気性がよく夏場によさそうな物や、暖かく保温性があって冬場に気持ちよく着れそうなものなど種類も沢山あります。

やはりベビー肌着もベビー服も、値段はどうなっているのかはわかりませんが、子供のオムツ交換や服の着替えなどがしやすいように作られていると言った印象が強く、縫製を裏表逆にして直接肌に触れないようにしたり、襟をなくしたり、ボタン1つにしてもプラスチックにしたり、紐にしたりと、大人が着る服とは、まったく違うものだなということがわかりました。可愛い子供服を通販サイトでも沢山販売していますので一度見てみるのも良いですね。

おむつ

出産祝いにおむつケーキやプリザーブドフラワーを頂いた方も多いと思います。おむつも赤ちゃんの肌に合ったものを選んであげてください。
おむつケーキにする紙おむつは様々なメーカーから選べると聞いています。せっかくあげたりもらったりしたおむつケーキが赤ちゃんに合わないとなると悲しいですよね…ギフトをする前にどのおむつメーカーのおむつを使っているか確認するといいでしょう。

おむつケーキのデコレーションについてきたプリザーブドもとても綺麗!フラワープリザーブドフラワーは枯れないお花なので、お手入れの手間もかかりません。

recommend

実力がつく!グラフィックデザイン学校【東京】おすすめBEST5
犬 服